一戸建て住宅で意識したい階段の形状

一戸建てを購入する場合には、階段がどのような形状なのかを見ておくことも大切です。
家族にお年寄りや小さなお子様がいる場合は、なおいっそう階段の安全性を十分に考慮しておきましょう。
もし階段を踏み外した場合には、一直線の階段であればそのまま下に落ちてしまう危険性があります。
しかしU字型になっている「折り返し階段」であれば、踊り場があるためそこで歯止めをかけることができます。
折り返し階段は安全性は高くなりますが、一直線の階段よりも広いスペースが必要になります。
また「かね折れ階段」のようにL字型に折れている形状の階段もあります。
かね折れ階段も踊り場で歯止めがかかるので、安全性は一直線の階段よりも高いです。
折り返し階段ほどではありませんが、やはりかね折れ階段も広いスペースは必要になります。
もちろんどのような階段であっても危険性はあるので、手すりをつける安全対策を施しておく必要があります。
その他では、滑り止め対策や照明など工夫を施してさらに安全性を高めることで、より安心して一戸建て生活を楽しむことができるでしょう。